FC2ブログ
「言葉の力で闘う者を犯罪人とする。私がこうした弾圧の最後の犠牲者でありたい」-ノーベル平和賞受賞者・劉暁波氏が13日に亡くなられた。

国外での治療を望まれていたのに,最期まで囚われの身であったのが、かなしい…。
中国の人は政府の検閲を逃れるために、フルネームでなく「劉先生」や「劉博士」という名称でツイートされているらしい。

「劉先生が逝ってしまわれて、一時代が終わってしまった」と嘆く人がいるように聞いたけれど、
劉暁波氏のホロスコープを見る限り、彼は単なる一時代の流星で終わらないと私は思う。

画像の劉暁波氏と中国のホロスコープの星を、重ねあわせたシナストリーチャートを見ていただきたい。
(画像クリックで拡大)
内円は中国始源図
外円は劉暁波氏
劉暁波氏と中国シナストリー

劉暁波氏       中国
土星(蠍座20度)   MC(蠍座23度)
火星(蠍座18度)   金星(蠍座19度)
金星(水瓶座4度)   ASC&月(水瓶座1度&3度)
キロン(水瓶座3度) ASC&月(水瓶座1度&3度)

(MCで見るところの)中国の権力機構に、
劉暁波氏がどれほどの抑圧感(土星)を与えているか計り知れない。
MC9室側の中国の金星に対する、劉暁波氏の火星(攻撃)もしかり。

そして(ASCと上昇星の月で見るところの)中国の民に、劉暁波氏の愛(金星)と癒し(キロン)は惜しみなく注がれている。

その他にもいろいろあるけれど、劉暁波氏と現代中国のホロスコープを重ねて見ると泣けてくる。

劉暁波氏の獄死は、中国の歴史の転換点の予兆になると思う。

司馬遼太郎さんは『世に棲む日日』のなかにこう書かれている。
引用「革命の初動期は詩人的な予言者があらわれ「偏癖」の言動をとって世から追いつめられ、かならず非業に死ぬ。(吉田)松陰がそれにあたるであろう。」

引用「革命の中期には卓抜な行動家があらわれ、奇策縦横の行動をもって雷電風雨のような行動をとる、高杉晋作、坂本龍馬らがそれに相当し、この危険は事業家もまた多くは死ぬ。」

引用「それらの果実を採って先駆者の理想を容赦なく捨て、処理可能なかたちで革命の世をつくり、大いに栄達するのが、処理家たちのしごとである。伊藤博文がそれにあたる。」

国家をくつがえす革命の源流には「狂気」とも思えるほどに激烈な思想を世に問う詩人があらわれる。
劉暁波氏は吉田松陰と同じく優れた詩人であり、行動する思想家だった。

彼は松蔭のように、若者をじかに教育する時間は持てなかった。
けれども今のインターネット時代は、彼の思想につながることができる。
そこから卓越した若い行動家が出てくるに違いない。

劉暁波氏は一時代を駆けた流星ではない。
中国の未来を導く北極星であると思う。

北極星は動かない。
ノーベル平和賞の栄誉とともに、中国の民をこれからも照らしていくだろう。

劉暁波氏のご冥福をこころからお祈りします。
願わくば夫人の自宅軟禁が、一日もはやく解かれますように。


追記を閉じる▲
中国の人は政府の検閲を逃れるために、フルネームでなく「劉先生」や「劉博士」という名称でツイートされているらしい。

「劉先生が逝ってしまわれて、一時代が終わってしまった」と嘆く人がいるように聞いたけれど、
劉暁波氏のホロスコープを見る限り、彼は単なる一時代の流星で終わらないと私は思う。

画像の劉暁波氏と中国のホロスコープの星を、重ねあわせたシナストリーチャートを見ていただきたい。
(画像クリックで拡大)
内円は中国始源図
外円は劉暁波氏
劉暁波氏と中国シナストリー

劉暁波氏       中国
土星(蠍座20度)   MC(蠍座23度)
火星(蠍座18度)   金星(蠍座19度)
金星(水瓶座4度)   ASC&月(水瓶座1度&3度)
キロン(水瓶座3度) ASC&月(水瓶座1度&3度)

(MCで見るところの)中国の権力機構に、
劉暁波氏がどれほどの抑圧感(土星)を与えているか計り知れない。
MC9室側の中国の金星に対する、劉暁波氏の火星(攻撃)もしかり。

そして(ASCと上昇星の月で見るところの)中国の民に、劉暁波氏の愛(金星)と癒し(キロン)は惜しみなく注がれている。

その他にもいろいろあるけれど、劉暁波氏と現代中国のホロスコープを重ねて見ると泣けてくる。

劉暁波氏の獄死は、中国の歴史の転換点の予兆になると思う。

司馬遼太郎さんは『世に棲む日日』のなかにこう書かれている。
引用「革命の初動期は詩人的な予言者があらわれ「偏癖」の言動をとって世から追いつめられ、かならず非業に死ぬ。(吉田)松陰がそれにあたるであろう。」

引用「革命の中期には卓抜な行動家があらわれ、奇策縦横の行動をもって雷電風雨のような行動をとる、高杉晋作、坂本龍馬らがそれに相当し、この危険は事業家もまた多くは死ぬ。」

引用「それらの果実を採って先駆者の理想を容赦なく捨て、処理可能なかたちで革命の世をつくり、大いに栄達するのが、処理家たちのしごとである。伊藤博文がそれにあたる。」

国家をくつがえす革命の源流には「狂気」とも思えるほどに激烈な思想を世に問う詩人があらわれる。
劉暁波氏は吉田松陰と同じく優れた詩人であり、行動する思想家だった。

彼は松蔭のように、若者をじかに教育する時間は持てなかった。
けれども今のインターネット時代は、彼の思想につながることができる。
そこから卓越した若い行動家が出てくるに違いない。

劉暁波氏は一時代を駆けた流星ではない。
中国の未来を導く北極星であると思う。

北極星は動かない。
ノーベル平和賞の栄誉とともに、中国の民をこれからも照らしていくだろう。

劉暁波氏のご冥福をこころからお祈りします。
願わくば夫人の自宅軟禁が、一日もはやく解かれますように。

FC2blog テーマ:占星学 - ジャンル:学問・文化・芸術