FC2ブログ
堀江貴文さんの著書『多動力』が
書籍と電子版をあわせて20万部を突破した。

堀江貴文さんは、私と同じ蠍座なので興味があり
kこれまで発信する内容に目を留めてきたが
話題の『多動力』に、それほど目新しいことが
書かれているとも思えない。

それがここに来て
なぜこんなにも売れているのだろう?
ホロスコープで見ると、堀江貴文さんと
出版元の幻冬舎の社長である見城徹さんは、ゴールデンコンビなのだ。

この二人は仕事で組むことによって
発展性の期待できる相性である。

ただ必ずしも親友になれるとはいえない。
(堀江さんのほうが、見城さんをしんどく感じることもあるだろう)。

二人のホロスコープを重ね合わせた画像を貼ったので見ていただきたい。
(出生時刻は不明なので、AC、MCは考慮に入れないように)
クリックで拡大
ホリエモンと見城徹
堀江貴文さん(内円) 見城徹さん(外円)

木星(山羊座4度)  太陽(山羊座6度)
龍頭(山羊座20度)  水星&金星(山羊座15度&17度)
金星(乙女座27度)  土星(天秤座2度)

生まれた時刻によっては、両者とも月が獅子座かもしれない。

両者は反発する部分はあっても
きわだって良い相性であることが分る


そして、ここで堀江貴文さんのホロスコープと
多動力という資質について特化して見てみたい。

堀江貴文さんは蠍座で(月はたぶん獅子座)の不動宮の人。

『多動力』というタイトルの本を出しているけれど、
瞬発力に欠けていて、柔軟性に乏しく、
臨機応変の対応が苦手なタイプである。

だから電話がかかってきたり、
外出先で知らない人に声をかけられるのが苦手。
すばやい対応にエネルギーを要するから。

蠍座の堀江貴文さんは、
他のフロンティアビジネスに従事している人と比較すると、
それほど多動的ではないはずだ。

どちらかといえば「焼畑農業的」というか、
一つの畑を耕して、そこそこ収穫を得たら次へ移る人。

彼はプライベートでも、
けっこうパターン化、習慣化してしまうほうではないかと思う。
ビールはこの銘柄と決めてしまって、しばらくはそればかり飲むとか。

多動力の資質を占星術で考えてみると、
多動力をあらかじめ備えている星座は、まず双子座があげられる。

ついでに風の星座(双子座、天秤座、水瓶座)。

柔軟宮の星座(双子座、乙女座、射手座、魚座)。

火の星座(牡羊座、獅子座、射手座)は
ロケット発射のエネルギーのような打ち上げ力はあるが
多動という意味では、風の星座のほうに軍配があがる。

多動力というのは、いかにも双子座的な要素であって
双子座からもっとも遠く異質である蠍座の堀江貴文さんが
書名に掲げているところがおもしろい。

書籍としての『多動力』の成功は、出版元の幻冬舎の、
世間が今なにを求めているかを知って編集した
その目のつけどころにあるんじゃないか、と思ったりする。

堀江貴文さんの発信した素材を切り取り、
上手に料理したというか。

堀江貴文さんと見城徹さんの
星のゴールデンコンビがもたらした結果かもしれないけれど。

堀江貴文さんと幻冬舎が打ち出した『多動力』を購入した人は
「何」が刺さって1400円も払ったのだろう?

その「何か」を知りたい。
リアルタイムの今の日本人を知るために。

そして時代を知りたい。
情報の大海で小舟を漕ぎつつ、今日も星を見あげる


追記を閉じる▲
ホロスコープで見ると、堀江貴文さんと
出版元の幻冬舎の社長である見城徹さんは、ゴールデンコンビなのだ。

この二人は仕事で組むことによって
発展性の期待できる相性である。

ただ必ずしも親友になれるとはいえない。
(堀江さんのほうが、見城さんをしんどく感じることもあるだろう)。

二人のホロスコープを重ね合わせた画像を貼ったので見ていただきたい。
(出生時刻は不明なので、AC、MCは考慮に入れないように)
クリックで拡大
ホリエモンと見城徹
堀江貴文さん(内円) 見城徹さん(外円)

木星(山羊座4度)  太陽(山羊座6度)
龍頭(山羊座20度)  水星&金星(山羊座15度&17度)
金星(乙女座27度)  土星(天秤座2度)

生まれた時刻によっては、両者とも月が獅子座かもしれない。

両者は反発する部分はあっても
きわだって良い相性であることが分る


そして、ここで堀江貴文さんのホロスコープと
多動力という資質について特化して見てみたい。

堀江貴文さんは蠍座で(月はたぶん獅子座)の不動宮の人。

『多動力』というタイトルの本を出しているけれど、
瞬発力に欠けていて、柔軟性に乏しく、
臨機応変の対応が苦手なタイプである。

だから電話がかかってきたり、
外出先で知らない人に声をかけられるのが苦手。
すばやい対応にエネルギーを要するから。

蠍座の堀江貴文さんは、
他のフロンティアビジネスに従事している人と比較すると、
それほど多動的ではないはずだ。

どちらかといえば「焼畑農業的」というか、
一つの畑を耕して、そこそこ収穫を得たら次へ移る人。

彼はプライベートでも、
けっこうパターン化、習慣化してしまうほうではないかと思う。
ビールはこの銘柄と決めてしまって、しばらくはそればかり飲むとか。

多動力の資質を占星術で考えてみると、
多動力をあらかじめ備えている星座は、まず双子座があげられる。

ついでに風の星座(双子座、天秤座、水瓶座)。

柔軟宮の星座(双子座、乙女座、射手座、魚座)。

火の星座(牡羊座、獅子座、射手座)は
ロケット発射のエネルギーのような打ち上げ力はあるが
多動という意味では、風の星座のほうに軍配があがる。

多動力というのは、いかにも双子座的な要素であって
双子座からもっとも遠く異質である蠍座の堀江貴文さんが
書名に掲げているところがおもしろい。

書籍としての『多動力』の成功は、出版元の幻冬舎の、
世間が今なにを求めているかを知って編集した
その目のつけどころにあるんじゃないか、と思ったりする。

堀江貴文さんの発信した素材を切り取り、
上手に料理したというか。

堀江貴文さんと見城徹さんの
星のゴールデンコンビがもたらした結果かもしれないけれど。

堀江貴文さんと幻冬舎が打ち出した『多動力』を購入した人は
「何」が刺さって1400円も払ったのだろう?

その「何か」を知りたい。
リアルタイムの今の日本人を知るために。

そして時代を知りたい。
情報の大海で小舟を漕ぎつつ、今日も星を見あげる

FC2blog テーマ:占星学 - ジャンル:学問・文化・芸術