FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

立憲民主党の枝野さんという人は
要所要所で舞台に押し上げられるようなところがある。

彼は双子座9度にある恒星アルデバランのもとに生まれた人。

恒星アルデバランは、東西南北に位置する
4つのロイヤルスターのうちの1つで、
東の領域を管轄する強大な星だ。

(枝野さんと同様、アルデバランと太陽が合の人に
J・F・ケネディ元大統領がいる。)
アルデバランには、「演説の才能」 「柔らかい声で熱く話す」という象意がある。
(ただ損なわれていると、悲業の死をもたらすという。)

また「自分の意思をどこまでも貫く」という性質を持つようだ。

アルデバランは天文学上は頑固な牡牛座の右目に位置するので、
いかにもそういった感じがする。

リンク先の ブログ
幾つか事例があるので、興味のある方はどうぞ。


次に希望の党の党首、小池百合子さんについて。

彼女は蟹座の22度で、
この度数を恒星カストル、恒星ポルクッスがちょうど挟む形になっている。

カストルとポルクッスは、双子座神話の、あの双子の兄弟の名前。

優れたアナウンサーには、双子座生まれが多いが、
小池百合子さんの前職が、アナウンサーだったのは
恒星カストルとポルクッスの影響だろうか?

小池百合子さんの運勢に、
作用を及ぼしているであろう双子の星。

なかでも恒星カストルと太陽が合の人は、
外交を扱う政府の仕事に就く者が出るという。

この星は水星のパワーを持ち、
アスペクトがよければ才気煥発で弁が立ち、
直観力に優れる。

ただこの双子の兄弟には
「the wicked boy」というあだ名がある。

虫をとらえて足をもいでしまうような
悪戯の過ぎる少年、という感じだろうか。

この星の、得たいものはなにがあって捕まえるというパワーは
良く出ると良いが、悪くするとトラブルを生む。

最後に自由民主党の党首、安倍総理。

彼の太陽のある乙女座27度を、4つの恒星がとりまいている。
恒星Copula、恒星 Labrum、恒星 Alkaid、恒星 Zavijava。

不思議なことに、この4つの恒星の意味を見ると
公職に就く者、首長となる者、
公共の奉仕をする者、指揮の地位を保つもの、
という意味が重なって出てくるのだ。

普通リーダーといえば、
牡羊座、山羊座など活動宮が向いてるとされる。

安倍さんは乙女座。
使用人もしくは秘書に向いているとされる乙女座が、
なぜこんなにも長く首相というリーダーの地位に就いていられるか?

それは一つにこれらの恒星の作用があるのではないかと思う。

安倍総理の太陽をとりまく4つの恒星のなかには
「救済」という意味のものもあれば
「破壊」と「独裁」という意味のものもある。

これら4つの恒星の合は、相乗作用を及ぼすだろう。

4つの恒星のうち特に興味深いのは「Alkaid」。

この星は北斗七星のひしゃくの柄の先に位置する。
中国唐代の密教経典でAlkaidは「破軍」と呼ばれ、
この星の守護を得ると戦に勝てると信じられていた。

「破軍」の星をもつ安倍さんを党首とする自民党。

そしてロイヤルスターのアルデバランをもつ
枝野さんを党首とする立憲民主党。

双子座の兄弟カストルとポルクッスをもつ
小池さんを党首とする希望の党。

さて今日の衆院選の勝敗はいかに?

とりあえず、選挙にはいきましょう。
台風なんか、なんのその。


追記を閉じる▲
アルデバランには、「演説の才能」 「柔らかい声で熱く話す」という象意がある。
(ただ損なわれていると、悲業の死をもたらすという。)

また「自分の意思をどこまでも貫く」という性質を持つようだ。

アルデバランは天文学上は頑固な牡牛座の右目に位置するので、
いかにもそういった感じがする。

リンク先の ブログ
幾つか事例があるので、興味のある方はどうぞ。


次に希望の党の党首、小池百合子さんについて。

彼女は蟹座の22度で、
この度数を恒星カストル、恒星ポルクッスがちょうど挟む形になっている。

カストルとポルクッスは、双子座神話の、あの双子の兄弟の名前。

優れたアナウンサーには、双子座生まれが多いが、
小池百合子さんの前職が、アナウンサーだったのは
恒星カストルとポルクッスの影響だろうか?

小池百合子さんの運勢に、
作用を及ぼしているであろう双子の星。

なかでも恒星カストルと太陽が合の人は、
外交を扱う政府の仕事に就く者が出るという。

この星は水星のパワーを持ち、
アスペクトがよければ才気煥発で弁が立ち、
直観力に優れる。

ただこの双子の兄弟には
「the wicked boy」というあだ名がある。

虫をとらえて足をもいでしまうような
悪戯の過ぎる少年、という感じだろうか。

この星の、得たいものはなにがあって捕まえるというパワーは
良く出ると良いが、悪くするとトラブルを生む。

最後に自由民主党の党首、安倍総理。

彼の太陽のある乙女座27度を、4つの恒星がとりまいている。
恒星Copula、恒星 Labrum、恒星 Alkaid、恒星 Zavijava。

不思議なことに、この4つの恒星の意味を見ると
公職に就く者、首長となる者、
公共の奉仕をする者、指揮の地位を保つもの、
という意味が重なって出てくるのだ。

普通リーダーといえば、
牡羊座、山羊座など活動宮が向いてるとされる。

安倍さんは乙女座。
使用人もしくは秘書に向いているとされる乙女座が、
なぜこんなにも長く首相というリーダーの地位に就いていられるか?

それは一つにこれらの恒星の作用があるのではないかと思う。

安倍総理の太陽をとりまく4つの恒星のなかには
「救済」という意味のものもあれば
「破壊」と「独裁」という意味のものもある。

これら4つの恒星の合は、相乗作用を及ぼすだろう。

4つの恒星のうち特に興味深いのは「Alkaid」。

この星は北斗七星のひしゃくの柄の先に位置する。
中国唐代の密教経典でAlkaidは「破軍」と呼ばれ、
この星の守護を得ると戦に勝てると信じられていた。

「破軍」の星をもつ安倍さんを党首とする自民党。

そしてロイヤルスターのアルデバランをもつ
枝野さんを党首とする立憲民主党。

双子座の兄弟カストルとポルクッスをもつ
小池さんを党首とする希望の党。

さて今日の衆院選の勝敗はいかに?

とりあえず、選挙にはいきましょう。
台風なんか、なんのその。

FC2blog テーマ:占星学 - ジャンル:学問・文化・芸術

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。