FC2ブログ
王者の星が、俺を呼ぶ~
先回に続いて、ロイヤルスターを持っている人…の後半です。
恒星は文字とおり星の数ほどありますが
ロイヤルスター(王者の星)と呼ばれるものは4つだけ。

東のロイヤルスターは双子座9度47分のアルデバラン
(5月31日前後に生まれの人は、太陽がそばにあるでしょう)

北のロイヤルスターは、獅子座29度50分のレグルス
(8月23日前後に生まれの人は、太陽がそばにあるでしょう)

西のロイヤルスターは、射手座9度46分のアンタレス
(12月2日前後に生まれの人は、太陽がそばにあるでしょう)

南のロイヤルスターは、魚座3度53分のフォーマルハウト
(2月23日前後に生まれの人は、太陽がそばにあるでしょう)

後半は、アンタレスとフォーマルハウトについてです。

この、ロイヤルスター生まれの
文字通りのロイヤルファミリーの親子がいらっしゃいます。

それは、皇太子さま(2月23日生まれ)と
愛子さま(12月1日生まれ)。

皇太子さまの太陽のそばにあるフォーマルハウトは
現在、魚座にあります。

魚座らしくすぐれた芸術家や、歴代のローマ法王の幾人かが、
フォーマルハウトの元に生まれています。

政治家でいえば、
J・Fケネディ元大統領は東のアルデバランの生まれでしたが、
末弟のエドワード・ケネディ元上院議員が、
南のフォーマルハウトの生まれです。

悲運のケネディ兄弟のなかで、
末弟のエドワード・ケネディは天寿を全うしました。

次に、愛子さまの太陽のそばにあるアンタレスに話を移すと、
この星は天文学上は蠍座の赤いα星で、蠍の心臓部分にあたります。

古くはアンタレスと火星が重なると
戦争が始まると言われてきました。
(ちなみに2016年の熊本地震では、前震、本震ともに
火星がアンタレスに重なった時に起きています。)

第二次世界大戦下で、
危機にあった英国を勝利に導いた首相のチャーチルは、
このアンタレスを太陽のそばに持っていた人でした。


恒星はどんな星であっても、吉凶両面の意味をもちます。
ロイヤルスターは強大だけに、吉凶が比較的強く出るようです。

4つのロイヤルスター意味を短くまとめると
こういった意味があります。
のアルデバラン 「雄弁、カリスマ性」「受難」

のレグルス  「成功、高位」「批判のまと」

西のアンタレス 「戦略的才能、栄誉」「心身の問題」

のフォーマルハウト「知的成功 相続運」「遺伝」

太陽と月、アセンダントやMCといった
ホロスコープの重要な感受点にロイヤルスターがある人は、
苦しさを伴なうこともあるかもしれません。

けれども、それを乗り越えて輝いていってほしいと思います。
夜空を照らす四天王の、
星の運命(さだめ)にある人なのですから。




追記を閉じる▲
恒星は文字とおり星の数ほどありますが
ロイヤルスター(王者の星)と呼ばれるものは4つだけ。

東のロイヤルスターは双子座9度47分のアルデバラン
(5月31日前後に生まれの人は、太陽がそばにあるでしょう)

北のロイヤルスターは、獅子座29度50分のレグルス
(8月23日前後に生まれの人は、太陽がそばにあるでしょう)

西のロイヤルスターは、射手座9度46分のアンタレス
(12月2日前後に生まれの人は、太陽がそばにあるでしょう)

南のロイヤルスターは、魚座3度53分のフォーマルハウト
(2月23日前後に生まれの人は、太陽がそばにあるでしょう)

後半は、アンタレスとフォーマルハウトについてです。

この、ロイヤルスター生まれの
文字通りのロイヤルファミリーの親子がいらっしゃいます。

それは、皇太子さま(2月23日生まれ)と
愛子さま(12月1日生まれ)。

皇太子さまの太陽のそばにあるフォーマルハウトは
現在、魚座にあります。

魚座らしくすぐれた芸術家や、歴代のローマ法王の幾人かが、
フォーマルハウトの元に生まれています。

政治家でいえば、
J・Fケネディ元大統領は東のアルデバランの生まれでしたが、
末弟のエドワード・ケネディ元上院議員が、
南のフォーマルハウトの生まれです。

悲運のケネディ兄弟のなかで、
末弟のエドワード・ケネディは天寿を全うしました。

次に、愛子さまの太陽のそばにあるアンタレスに話を移すと、
この星は天文学上は蠍座の赤いα星で、蠍の心臓部分にあたります。

古くはアンタレスと火星が重なると
戦争が始まると言われてきました。
(ちなみに2016年の熊本地震では、前震、本震ともに
火星がアンタレスに重なった時に起きています。)

第二次世界大戦下で、
危機にあった英国を勝利に導いた首相のチャーチルは、
このアンタレスを太陽のそばに持っていた人でした。


恒星はどんな星であっても、吉凶両面の意味をもちます。
ロイヤルスターは強大だけに、吉凶が比較的強く出るようです。

4つのロイヤルスター意味を短くまとめると
こういった意味があります。
のアルデバラン 「雄弁、カリスマ性」「受難」

のレグルス  「成功、高位」「批判のまと」

西のアンタレス 「戦略的才能、栄誉」「心身の問題」

のフォーマルハウト「知的成功 相続運」「遺伝」

太陽と月、アセンダントやMCといった
ホロスコープの重要な感受点にロイヤルスターがある人は、
苦しさを伴なうこともあるかもしれません。

けれども、それを乗り越えて輝いていってほしいと思います。
夜空を照らす四天王の、
星の運命(さだめ)にある人なのですから。



FC2blog テーマ:占星学 - ジャンル:学問・文化・芸術