FC2ブログ
米朝首脳会談における占星術トリビアその1

6月12日に会談が行われたシンガポールのカペラホテルは
恒星カペラと綴りが同じ。

恒星カペラはトランプさんの双子座の太陽の傍にあって
それはもう守護星みたいなもの。
水星+火星の意味を持ち、どちらかといえば良い星だ。

このカペラ・シンガポールホテルは米国が指定したらしい。

ついでに言えば恒星カペラは「小さな山羊」という意味の星。
米国は、山羊座の金正恩を「小さな山羊ホテル」に呼び出したわけだ。
ゆきちゃ~ん
米朝首脳会談における占星術トリビアその2

会談の始まった現地時間9時AMは、
トランプさんのホロスコープ上で、
社会的ステイタスをあらわす天頂に
月がかかって10室をすすむ時刻。

こういう配置にもってくると
人気運を高めることができる。
中間選挙対策には打ってつけ。

ちなみに会談の始まった時刻でホロスコープを作ると、
ASCー木星ー海王星のグランドトライン(幸運の大三角形)が出来ていた。

木星ー海王星が和平のアスペクトとはよく言ったものだ。
ただASCとリリスがオポジションでカイトなので、
どちらかが悪(ワル)だと約束事は破られる可能性が出る。

米朝首脳会談における占星術トリビアその3

会談の行われたシンガポールは、
トランプさんのアストロマップの出生図では冥王星ラインが、
進行図(プログレス)では水星ラインが、
進行図(ダイレクション)ではリリスラインが通る。

水星は交渉、冥王星とリリスは因縁。
交渉ごとにはいいがトランプさんは御身お大切に。

ちなみに北朝鮮側の宿泊費用一切は
マレーシアが負担するらしい。大変だね

しかし、こう見るとトランプさんには
お抱え占星術師がいるっぽい。
ただ、あんまり優秀じゃないかも?


追記を閉じる▲
米朝首脳会談における占星術トリビアその2

会談の始まった現地時間9時AMは、
トランプさんのホロスコープ上で、
社会的ステイタスをあらわす天頂に
月がかかって10室をすすむ時刻。

こういう配置にもってくると
人気運を高めることができる。
中間選挙対策には打ってつけ。

ちなみに会談の始まった時刻でホロスコープを作ると、
ASCー木星ー海王星のグランドトライン(幸運の大三角形)が出来ていた。

木星ー海王星が和平のアスペクトとはよく言ったものだ。
ただASCとリリスがオポジションでカイトなので、
どちらかが悪(ワル)だと約束事は破られる可能性が出る。

米朝首脳会談における占星術トリビアその3

会談の行われたシンガポールは、
トランプさんのアストロマップの出生図では冥王星ラインが、
進行図(プログレス)では水星ラインが、
進行図(ダイレクション)ではリリスラインが通る。

水星は交渉、冥王星とリリスは因縁。
交渉ごとにはいいがトランプさんは御身お大切に。

ちなみに北朝鮮側の宿泊費用一切は
マレーシアが負担するらしい。大変だね

しかし、こう見るとトランプさんには
お抱え占星術師がいるっぽい。
ただ、あんまり優秀じゃないかも?

FC2blog テーマ:占星学 - ジャンル:学問・文化・芸術